読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IGRPAN’s diary

広く浅く

アメリカ横断ウルトラクイズ

30半ばの私は、二桁回に入ったアメリカ横断ウルトラクイズを小学生の頃かぶりついてみていた世代なわけです。

元々クイズ好きということもあり、個人的にはアメリカ横断ウルトラクイズが大好きなわけですが、正直私以下の世代にとってはあんまりわからないものだと思うのです。

そのわりには最近アメリカ横断ウルトラクイズをモチーフにしたMVを微妙に見る気がするのです。

 


【MV】虹のコンキスタドール「LOVE麺 恋味 やわめ」(虹コン)

TVチャンピオンの大食い、スーパージョッキーの熱湯風呂もある中、途中でそのまま「ウルトラクイズ」というコーナーが現れ、早押しハット登場。クイズファンにはお馴染み早押しでの「ボロロッカ」の回答者にはヒャダインが出しゃばってきています。

 


【ももクロMV】ザ・ゴールデン・ヒストリー / ももいろクローバーZ(MOMOIRO CLOVER Z/THE GOLDEN HISTORY )

終盤の司会者福澤朗をそのまま使い、どろんこクイズをやらせるというわかりやすいウルトラクイズ設定。久々に「ジャストミート」を聞けて嬉しい。

 


志田サマー新井サマー / 灼熱サマー ~SUMMER KING × SUMMER QUEEN~MV

こちらもどろんこクイズ。

問題に入るSE、問題のスーパー?、○☓のボードまで色々似せていて面白い。

最後にまともに泥に飛び込む新井さんが少しかわいそう。

 

こういうのを制作するのが同世代なのね、というように思ってみたり、つまり我々のようなおっさんがやはり金を落とすターゲットなのねと思ってみたり。

 

しかし、アメリカ横断ウルトラクイズにはやはり出てみたかったなぁと改めて思いました。

アイドル楽曲大賞2016 投票内容

今年はアイドル楽曲大賞2016に投票できたので、一応その投票内容を記しておきたい。

第5回アイドル楽曲大賞2016

■メジャー部門
基本的にあんまり多く聞くタイプではなく、自分のいつも聞くグループを継続的に聞くぐらいなのだが、今年は数少ないそういうグループである中のさくら学院私立恵比寿中学が入らなかった。それだけ色々多様化して面白いというところか

1位 舞いジェネ!/夢みるアドレセンス 3.0pt
遅ればせながら夢アドを知った1曲。
その後も2016年度良曲揃いだった夢アドだが、この曲のインパクトは大きかった。
「日本がもし終わっても 夢みるアドレセンス」と勢いで歌いきってしまうのが素晴らしい。この1曲の1節が後の教えてシュレディンガーで使われているのも楽しい。

www.youtube.com

2位 うるとらみらくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ/わーすた 2.5pt
遅ればせながらわーすたを知った1曲。
RPG的なMVも絡め、とにかくインパクトが強い。
「トリケラトップス強い」「草とお花じゃビタミン不足よ」な歌詞も楽しい。
個人的に廣川さんはピンとこないのだが、三品さんは刺さる。

www.youtube.com

3位 Cherie!/チームしゃちほこ 2.0pt
最近あんまりしゃちほこは聞いてなかったのだが、有線で聞こえてきたこの曲はとても気になった。曲名わからずに聞いても、秋本さんの声ですぐにしゃちほこの曲とわかって調べられるのは、このグループの強みか。
らしくない?可愛らしい曲だが、とにかく曲調が好み。

www.youtube.com

4位 少しだけ/ベイビーレイズJAPAN 1.5pt
今年下半期最大の発見?はradikoで聞いた「大矢・高見のしゃべリスタ」がとにかく楽しいということ。今では1週間で一番楽しみにしているラジオ番組になっている。
ベビレの曲は基本的に好きなのだが、決定的な1曲というのは個人的にはあまりない。ニューアルバムもそんな感じだったのだが、番組で語られた大矢生誕でのこの曲で、二人での歌い出しで高見が泣いたという話を聞いて、この曲が一気に好きになってしまった。ラジオの力は大きい。

www.youtube.com

ベビレ版はYouTubeに無かったので、提供した鶴のセルフカバー版で。

 

5位 華麗なるVICTORY/SUPER GIRLS 1.0pt
今年は久々にスパガを聞いた年だった気がする。
そのきっかけを作ってくれたのはこの曲。最近あんまり聞いてなかっただけで、いい曲はあるんじゃんと思わせてくれた。

www.youtube.com

 

■インディーズ/地方アイドル楽曲部門
あんまり多く聞いてるわけじゃないので、インディーズ部門はあまり知ってる曲がない。
まともに聞いてるのは虹コンぐらいなわけで。

1位 ↓エイリアンガール・イン・ニューヨーク↑/虹のコンキスタドール 3.0pt

虹コンの今年の曲では一番好き。MV変化球すぎるけど。

www.youtube.com


2位 虹色スマイル/Ciao Smiles 2.5pt

さくら学院流れから。安っぽいMVがたまりません。

www.youtube.com


3位 戦場の聖バレンタイン/虹のコンキスタドール 2.0pt

私が虹コンにハマるきっかけを作った曲。らしさはちょっと弱い。

www.youtube.com


4位 きみわずらい/まねきケチャ 1.5pt

何で知ったかも忘れたけど、妙に耳に残った曲。

www.youtube.com


5位 矛盾、はじめました。/Negicco 1.0pt

土岐麻子が絡んだこの曲には一応投票しておきたい。

www.youtube.com

 

■アルバム部門
1位 ニッポンChu!Chu!Chu!/ベイビーレイズJAPAN 3.0pt
2位 The World Standard/わーすた 2.0pt
3位 穴空/私立恵比寿中学 1.0pt

標準通りの配点で投票したけれど、1,2位と3位の間にはやや大きめの差がある。

 

■推し箱部門
さくら学院

楽曲部門で入れられなかったけれど、それでも箱として面白いのはさくら学院。2016年度の新入生も強力で、今後もますます面白くなりそう。秋桜学院のDVDは買ってしまった。

第66回NHK杯テレビ将棋トーナメント 1回戦第6局

5月8日(日)放送
1回戦第6局
○▲橋本崇載八段-△小倉久史七段●

解説 髙野秀行六段
司会 藤田綾女流初段
読上 井道千尋女流初段
記録 甲斐日向三段

 

ブルーノート怪鳥ペアに叱られたのか毒が消え、
普通のインタビューでお茶の間をがっかりさせた橋本八段が、
下町の大島で三間飛車を、流行らせんと奮闘する放蕩若旦那こと小倉七段を
予告した通り対抗形のイビ穴で受け切り、鮮やかに破った見応えのある一番だった。
ピンクの頬と右手のフェミニンな動かし方に加え、
柔らかな語り口が人気の高野秀六段の解説もわかりやすかった。
葬式の受付のような黒が
綾とまるかぶりの井道女流初段の棋譜読み上げもよかった。

 

第66回NHK杯テレビ将棋トーナメント 1回戦第5局

5月1日(日)放送
1回戦第5局
○▲木村一基八段-△及川拓馬六段●

解説 野月浩貴七段
司会 藤田綾女流初段
読上 井道千尋女流初段
記録 甲斐日向三段

藤田さんをびっくりさせる手をさすと、いきなり爆弾発言の木村八段が、
奥さんに対してもそうなのか、
45度の御辞儀みたいな前傾姿勢で盤面を見続ける及川六段を
角換わりからの先手の攻めを受け止め、鮮やかに寄せ切った見応えのある一番だった。
私は「受け」では無いと否定してお茶の間の視聴者を動揺させた
ソフトな語りの野月七段の解説もわかりやすかった。
GWの五月晴れを思わせる、
スカイブルーのトップスが爽やかな藤田女流初段の司会もよかった。

 

第66回NHK杯テレビ将棋トーナメント 1回戦第4局

4月24日(日)放送
1回戦第4局
●▲伊藤博文六段-△増田康宏四段○

解説 稲葉陽八段
司会 藤田綾女流初段
読上 飯野愛女流1級
記録 真木野芳紀初段

 

今年度の最年少出場者にして、ひふみんの最後の勝利相手でもある増田康四段が、
天下の中村太地を予選決戦でボコッて出場を果たした振り飛車党・伊藤博文六段を
穴熊の暴力で鮮やかに破った見応えのある一番だった。
視聴者置き去りで淡々と話す物置こと稲葉八段の解説もわかりやすかった
とはとても言い難く、今後に課題が残った。
感想戦での僅かな瞬間の脚見せが人気の藤田女流初段の司会もよかった。 

 

vs 阪神 6回戦

○中日4x(延長10回)2阪神

9回2死まで行ったものの、抑えの福谷が福留にタイムリーを打たれ同点とされ延長に。
延長10回先頭の周平が四球を選ぶと、4番ビシエドが福原から右翼ポール直撃のホームランを放ってサヨナラ勝ち。
贅沢を言えば9回でビシっと勝って欲しかったが、連続サヨナラ勝ちでの3タテなんて出来過ぎでしょう。

 

www.nikkansports.com

第66回NHK杯テレビ将棋トーナメント 1回戦第3局

4月17日(日)放送
1回戦第3局
●▲平藤眞吾七段-△斎藤慎太郎六段○

解説 畠山鎮七段
司会 藤田綾女流初段
読上 飯野愛女流1級
記録 真木野芳紀初段 

 ハタチンの師匠解説が微笑ましい。

511 名前:名無し名人[sage] 投稿日:2016/04/17(日) 12:43:06.22 ID:8aryTXEB

最近落ち目のサキヤマに替わり、西の王子の呼び声も高い斎藤六段が、
上方の漫才師のような素頓狂な声で喋る平藤七段を
逆転勝ちで鮮やかに破った見応えのある一番だった。
自慢の弟子に、思わずコワモテの顔も弛む畠山鎮七段の解説もわかりやすかった。
乳の重みで南米も揺らす藤田女流初段の司会もよかった。